食べること 生きること

食欲の秋…ですね(笑)。
みなさんは、しっかり、おいしく、健康的に
食事を召し上がれていますか?
もしも、食欲がまったくないとか、
何を食べてもおいしく感じられないならば
一度、鑑定に来てみてくださいね。

食べることは、大事です。
生命に、直接つながっているからです。

スピリチュアル的には、
食欲がある時というのは「気」が上がっている時。
反対に、食欲が落ちている時には
「気」が下がっていると考えます。

「失恋」を例にとって、ご説明しましょう。
失恋には、2通りの失恋があります。
振った時と、振られた時の2種類です。
振った時の失恋では、やけ食いすることがあります。
おこっているから「気」が上がるので、
食べて怒りを解消するんです。
とくに、チョコレートが欲しくなるみたい。
チョコレートを食べると、恋愛してる時に出る
ホルモンと同じ物質が分泌されるからだそうですよ。
振った時には、チョコが欲しくなるんです。

では、振られた時は、どうかというと、
裏切られた感が強まるので食べられなくなってしまいます。

ときどき、振ったと思っているのに
食べられなくなってしまう人がいます。
これは、捨てられた感を感じているからなんです。
食欲をみれば、どちらのタイプの失恋なのか
ほんとうの気持ちに気づけるでしょう。

もし、食べられなくなった時には、
まわりの人々からいただいた「愛情」を思い出しましょう。
決して、孤独ではありません。一人じゃないの。
家族の誰かに「おにぎり」を作ってもらい、
食べさせてもらったらいいんです。
身近な誰かに、ちょこっと甘えてみましょう。

また、食べられないことについて思い詰めないで!
考えることをやめて、紅葉を見に行ったり、散歩してみたり、
大自然の空気を吸ってみましょう。
涙が自然にあふれてきたら、そのまま、感情にまかせて
泣いてもいいんですよ。
しっかり泣いたら、手間暇をかけて丁寧に作られた
おいしいものを食べて、愛のパワーを吸収しましょう。
愛情を込めて作られた料理を食べることで
愛を食べることにつながるんです。試してみてくださいね。

霊感が強い人や、直感力のある人は、
すっごく食べるか、食べないか、はっきりしています。
空腹状態の人の横に座ると、おなかがすいちゃうことも!

食欲が増して、自分では抑えられなくて困ったら、
「気」を下げて、落ち着かせるために、
冷凍庫の氷を口に入れて、
粗く、かみくだいて食べてみましょう。
すると、胃が冷えて、自分の「気」も落ち着いてきますよ。

食欲って、不思議でしょう?
いまの自分の精神状態が、反映されるんですから。

では、食欲をいつも安定させるには、どうすればいいと思いますか?

答えは、季節に合った食べ物を食べること。
季節の食物からは、その季節に必要なパワーをもらえます。
春には、山菜やカイワレ大根など芽のものの芽吹くチカラを。
夏には、トマトやキュウリなど、大地の上に実るものから太陽のパワーを。
秋には、根のものから、大地のパワーを。
冬には、白菜や豆など日持ちのするものから、寒さに打ち克つチカラを。

これからは寒くなるので、、しっかりと大地のパワーを吸い込んだ
食物を食べましょう。オススメは、タマネギやニンジン、ゴボウなどを
トロ火でコトコトと煮込んで作る「根菜のスープ」。
大地のパワーをしっかり吸収できるし、疲れた心と身体に
チカラを与えてあげることができます。
その時、しっかりと「大地からの栄養をいただいている」と
意識をすることも大事なんですよ。

味付けは、素材の味をいかすような、
シンプルな味の方がいいでしょう。
もの足りなければ味噌を使って
大豆のチカラも吸収しちゃいましょう。

食べることに、こだわりを持ち、
毎日、毎食を丁寧に、大事に食べて味わうことが
生命を大事にすることにつながるんですね。

だけど、毎日、忙しいから、レンジでチン!
現代社会では、ある程度、仕方ないのかも知れません。
でも、休日に作り置きできる料理を準備したり、
何か一品だけでも、ひと手間かけて食べさせることは大事です。

次に、好き嫌いのある子どもには、どうやって
注意すればいいのか考えてみましょう。
「食べられない人もいるんだから食べなさい」と
叱る人がいらっしゃいますが、この表現は、
差別の元、いじめの元につながるんじゃないかな?
好き嫌いのある子どもには、ぜひ、感謝の気持ちを教えてあげて。
作った人、運んだ人、料理した人…
たくさんの人の情熱や苦労、想いを伝えてあげて欲しい。
その人々への感謝の気持ちが育てば、
少しずつでも、食べようという気持ちに変わっていくはずです。

それから、牛や豚、鶏、魚介類…
人間の生命をつなぐために死んでくれた動物たちの
生命をムダにしないためにも、残さず食べようと促してあげましょう。
食べることから、生命の大切さを伝えてあげて欲しいんです。
秋の夜長には、食について、ゆっくりと考えてみましょう。

おいしいものをおいしいと感じながら、
楽しく味わえるなんて、ほんとうに幸せなこと。

身近な幸福時間に気づいて感謝しましょうね。

 

スピリチュアルカウンセラー 風凛



蓮月のご紹介 詳しくはこちら
〒700-0822
岡山県岡山市北区表町2-7-30
定休日 毎週月曜日と火曜日
営業時間 12:00頃~19:00
TEL:086-231-4114(良い石)
FAX:086-231-4131(良い未来)
対面鑑定は15:00~(予約優先)
対面鑑定の予約は電話受付のみとなります。

このページのトップへ